記事一覧

2013年03月18日(月)

復帰40周年記念事業 児童絵画コンクール 優秀作品 表彰式

那覇バスターミナル再開発ビルの整備が復帰40周年記念事業の一つとして位置づけられたの機会に、弊社ではシンポジウムと合わせて児童絵画コンクール企画し、3月16日表彰式を行いました。
今後、沖縄県労働金庫 本店で展示する予定です。是非、ご覧下さい。

【児童絵画コンクールの概要】
テ ー マ:バスが走るたのしいまち
応募期間:平成24年12月14日~平成25年2月28日
対 象 者:那覇市内小学校
応 募 数:151作品
審  査:平成25年3月8日 審査員4名
優秀作品:10作品
後  援:沖縄県教育委員会・那覇市教育委員会

【講評】
・総合学習の授業で習うバリアフリー、文化遺産、沖縄の歴史などが描かれていて大変うれしい。
・応募期間が短いなか、内容の濃い作品、子供たちの夢があふれる心暖まる作品が数多くみれました。


ファイル 87-1.pdf
:優秀作品」     

2013年03月01日(金)

復帰40周年事業 シンポジウム開催について

モノレール旭橋周辺地区再開発事業は、沖縄県の復帰40周年記念事業の一つとして、位置づけられました。
将来、バスターミナル地区の再開発を進めることとなります。
「バスターミナルの将来像」「まちづくりのあり方」「まちづくりを具現化するには。」などをこのシンポジウムを通じて考え、再開発の機運をより一層 盛り上げたいと思っています。

多数のご参加 お待ちしております。

■シンポジウム開催の概要
 日時:平成25年3月16日(土)午後1時30分より(開場1時)
 場所:沖縄県自治会館 2階大ホール
 テーマ:バスターミナルを活かしたまちづくり
     ~ひとにやさしいまちを目指して 那覇バスターミナルの再開発~
 プログラム:
  (第一部)基調講演:中村 文彦 氏
           (横浜国立大学 大学院都市イノベーション研究院 教授)
  (第二部)パネルディスカッション
      コーディネーター 小野 尋子 氏(琉球大学工学部 環境建設学科 助教)
       パネリスト    ●中本 清 氏((社)沖縄県建築士会 会長)  
                 ●宮城 理 氏(沖縄県建築指導課 課長)             
                  ●慶田 佳春 氏((社)沖縄県バス協会 専務理事)         
                 ●末吉 哲 氏(カフーナ旭橋まちづくり協議会 代表)  
                  他 まちづくり関係者
  ・入場無料
  ・事前申し込み:不要
  ・主催:旭橋都市再開発株式会社
  ・後援:沖縄県


 
 「ファイル 86-1.pdf
:ご案内」

2013年01月04日(金)

本日より業務を開始いたします 。

新しい年を迎えました。本日より業務を開始いたします。
B-1街区竣工して始めての一年です。より一層がんばっていきますので、よろしくお願い申し上げます。


     代表取締役 福治 嗣夫

            社員一同